『二十四の瞳』英語でどう訳す?

  • 2018.12.22 Saturday
  • 16:50

『二十四の瞳』英語でどう訳す?

 

日久々に『二十四の瞳』を読み返しました。初めて手に取ったのは随分昔のことになりますが、感動が色褪せることのない作品ですね。

 

昭和三年、小豆島の小学校の分教場に赴任してきた大石先生と一年生十二人の教え子たちとの物語でしたね。昭和二十七年に発表された二年後に映画化されて空前の大ヒットとなり、海外にも翻訳、紹介されたと聞いています。

英語訳された『二十四の瞳』の題名については、なかなか面白い話があります。今日はその話をしましょう。

 

語にそのまま訳すと“Twenty-four pupils”などとなりますでしょうか?

 

“pupil”には二つの意味があります。一つは「生徒・児童」の意味、もう一つは「瞳・瞳孔」の意味です。もしも先の題名だとすると、「二十四の瞳」か「二十四人の生徒」の意味かはっきり分かりませんね。

以前、丸善の「本の図書館」館長に問い合わせ、教えていただいたところ、“Twenty-four eyes”という題名で、昭和三十二年に英訳出版されたということでした。「二十四の瞳」でなく「二十四の目」では多少文学の薫りが薄れるかもしれませんが、紛らわしいpupilという単語を使うのは避けたようです。

 

「二十四の目」ですか…確かに随分趣の違う題名になりますね。Pupilにはなぜ「瞳」と「生徒」という紛らわしい二つの意味があるのでしょう。

 

Pupilの語源は、ラテン語のpupillaです。pupillaという単語は、pupa(少女)、pupus(少年)の指小語(「小さい」を表す接辞のついた単語)で、もともと小さな子どもという意味です。それがなぜ瞳という意味にも使われるようになったかというと、眺める人の小さな像が瞳孔に映って見え、まるでそこに小さな子がいるように見えるからのようです。

翻って見れば、中国語である「瞳」は「目の童」と書きますし、日本語の「ひとみ」は「人見」のことです。発想は洋の東西を問わず同じであるようですね。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    哺乳類が座頭になったら? 〜座頭の動物たち(2)〜

    • 2018.12.11 Tuesday
    • 16:18

    哺乳類が座頭になったら? 〜座頭の動物たち(2)〜

     

    回はもし動物が座頭になったら、とうテーマで魚類、鳥類についてお話をいただきました。そして次は哺乳類の場合についてですね。

     

    哺乳類はサルやヒトなどを除いて一般的に視覚よりも聴覚や臭覚のほうが鋭敏です。イヌやネコなどは、臭覚や聴覚が鋭いので、座頭になったとしても、何とかエサを見つけたり、敵から逃れることが可能でしょう。

    ゾウも、もともと視覚はあまり鋭敏ではなく、頼りにしているのは鼻なのです。ゾウは、5キロメートル先の臭いを感じるという大変な鼻の持ち主です。

     

    ウの鼻は大きいばかりでなく、大変優れた感覚器官なのですね。

     

    モグラやクジラなども座頭になったとしても生存するのに大きな影響はないと考えられます。もともと視覚を頼りに生きているわけではないからです。モグラは臭覚を、クジラは聴覚を頼りにしていて、視覚はほとんどありません。

    視・聴・臭の感覚の重要度が、それぞれ異なっていますが、哺乳類は意外に視覚に頼っていない動物が多く、座頭になっても生きていける場合が多いようです。

     

    所に失明に近い状態のイヌがいますが、時々柱に頭をぶつけているそうです。優れた臭覚でエサのありかはわかっても、障害物の所在は判断できないのでしょうね。

     

    そうですね。しかし座頭になっても障害物を巧みによけて運動できる器用な動物もいます。コウモリは自ら超音波を発信し、障害物やエサなどに当ってはね返ってくる反射音波を聞きながら運動しています。イルカも同様の超音波を発信して運動しています。

    また、魚は体の両側にある側線器によって、障害物をよけて運動することができます。この側線器は、わずかな水の振動によって水の流れの方向や速さ、水深、水中の物体の存在と距離などを測定感覚できるようになっています。魚は目が見えなくても障害物の存在を知ることができるのです。

     

    ウモリやイルカ、魚たちは、仕込み杖に頼って歩く座頭市よりも感覚という点では一枚上手のようですね!

     

    (原作:医学博士 武藤政春)

     

    • 0
      • -
      • -
      • -

      ザトウクジラは目が見えないの? 〜座頭の動物たち(1)〜

      • 2018.11.28 Wednesday
      • 14:53

      ザトウクジラは目が見えないの? 〜座頭の動物たち(1)〜

       

      トウ先生、ザトウクジラというクジラがいますが、「座頭」と言うからには目が見えていないということなのでしょうか。

       

      「座頭」は江戸期における盲人の階級の一つですね。一昔前には、『座頭市物語』という映画が一世を風靡したこともあります。

      ザトウクジラはヒゲクジラの一種ですが、遊泳速度が遅いので目が見えないと連想され、この名がつけられたそうですよ。もともとクジラはあまり目が働いていませんが、ほかのクジラが俊敏であるのにザトウクジラだけがもたもた動くので、目が不自由であるように考えられたのです。

       

      が見えていないということではないのですね。座頭市は、目の不自由な主人公が活躍する物語でしたが、もしも動物が座頭になったらどうなるのでしょうか?

       

      まず魚類の場合はどうでしょう。この疑問に答える興味深い事実があります。あるとき漁師が海で盲目のタラを釣り上げたことがありました。腹を切り開いたところ、胃には食物がいっぱいだったそうです。つまりタラは目が見えなくてもエサをあさることができたのです。このことを知った人が実験を行った結果、魚は視覚よりも臭覚を使ってエサを捕らえることがわかりました。

      両生類や爬虫類も臭覚が鋭いので、座頭になったとしても何とか生き延びられるかもしれません。しかし、トカゲやカメレオンなどは、もっぱら視覚を頼りに行動していますから、生き残ることは難しいでしょう。

       

      類はどうでしょうか。空を飛ぶためには優れた視力は欠かせないように思いますが。

       

      鳥類は聴覚や臭覚も非常に鋭敏であると考えられていますが、大空を自由に飛び回るためには、鋭い視力が必要ですね。昼行性の鳥が座頭になったら命も危ういでしょう。

      鳥は鳥でも夜行性の鳥は別です。あるとき白内障におかされた盲目のフクロウが発見されましたが、そのフクロウは痩せるどころかよく太っていたそうです。その秘密は聴覚にあります。フクロウの聴覚は、昼行性の鳥類の数倍も鋭敏であることが知られています。フクロウもまた、座頭になったとしてもあまり困ることはないと思われます。

       

      れた聴力が視力を補って余りあるのですね。では次回、哺乳類の場合についてもぜひお話を聞かせてください。

       

      (原作:医学博士 武藤政春)

       

      • 0
        • -
        • -
        • -

        コンタクトレンズの歴史

        • 2018.10.30 Tuesday
        • 09:45

        コンタクトレンズの歴史

         

        前お話しいただいたメガネの歴史は、たいへん興味深いものでした。メガネ同様、コンタクトレンズも広く使われていますが、コンタクトレンズはいつ頃出来たのでしょうか。

         

        眼鏡レンズには2つの欠点があります。眼鏡レンズが眼球から離れて存在していること、そして眼鏡レンズは顔面に固定され、眼球とともに動くものではないことです。この2つの欠点を解消するためには、レンズを出来る限り眼球に近づけ眼球とともに動くようにする、つまり角膜にコンタクト(接触)させればよいわけです。このような発想は19世紀中頃に生まれ、1920年代頃から実際に作られ使用されるようになりました。

         

        んなに以前から、コンタクトレンズは作られていたのですか。

         

        ただ、当時のコンタクトレンズの原料はガラスであったため、割れやすく、割れると割面が鋭利になること、そしてそもそも角膜にキズがつきやすいなどの理由で、広く普及するには至りませんでした。

        1940年代以降、プラスチック工業が発達し、これはガラスよりも割れにくく、角膜に対する刺激が少ないという長所を持っていました。これをレンズとして用いるようになってから、コンタクトレンズが爆発的に普及するようになったのです。

         

        ードコンタクトレンズのはじまりですね。爆発的に普及したということは、多くの人が目の見え方に悩んでいたのでしょうね。

         

        特に強度の屈折異常や不同視を持つ人達にとっては、眼鏡では得られない「見やすさ」が与えられたわけです。ただ、一部の人達はその恩恵にあずかれませんでした。ハードレンズというものは、装用時にいくばくか異物感を伴うものです。その痛みに耐えられない人々は、結局「ハードレンズ」の恩恵に浴せなかったのです。

        そこで、装用時に痛くないレンズの開発がすすめられました。こうして出来たのがソフトコンタクトレンズです。柔らかく痛くないソフトレンズにもまだ欠点はありますが、近年、ハードレンズ、ソフトレンズ両者の長所を取り入れたレンズも開発されてきています。

         

        想のコンタクトレンズのために、今もなお技術は進歩を続けているのですね。

         

        (原作:医学博士 武藤政春)

         

        • 0
          • -
          • -
          • -

          名前に「目」のつく動物

          • 2018.10.22 Monday
          • 10:48

          名前に「目」のつく動物

           

          トウ先生、ヤツメウナギは目にいいといいますが、本当なのでしょうか。

           

          患者さんからもそのように尋ねられることがありますね。ヤツメウナギは目のうしろに七対の外鰓孔(がいさいこう)があり、目が八つあるように見えるので、この名がついたのです。目が八つもあるのだから眼病に効くはずだと信じられてきたのでしょう。

          ただ、古くからの民間の言い伝えというのは、それ自体は非科学的でも結果としては正しいことが多くあります。目が八つあるからというのではなく、ビタミンAを多量に含んでいるので、鳥目(夜盲症)や目の疲労回復には効果的な食物なのです。

           

          うなのですね!そういえばヤツメウナギのように、動物の中には名前に「メガネ」や「目」がつくものがいますね。

           

          「メガネ」の名がつく動物としては、メガネザル、メガネウオ、メガネカイマン、メガネグマ…など、色々ありますね。マレー諸島の森林に生息するメガネザルはメガネでもかけているように大きな目をしています。メガネザルは夜行性で昆虫やトカゲなどを食糧としており、暗い所でもよく見えるように大きな目が必要になったのでしょう。

          メガネカイマンはアメリカに生息するワニで、メガネウオはオコゼの一種です。これもそれぞれ目が大きいためにその名がつけられました。

           

          が大きくて目立つ動物が「メガネ」の名を冠するようになったのですか。

           

          目立つ箇所が必ずしも目ではない場合もありますね。メガネグマやメガネオオコウモリは、目の周りに白い輪の模様があるので、この名前がつけられています。また、メガネヘビは台湾コブラのことで、首を広げて敵を威圧するときに首にメガネのような模様があることから、この名がつけられました。

           

          には目のつく名前が多いですね。メダカ、メバル、デメキン、ヒラメなどでしょうか。

           

          メダカは目高、メバルは目張、どちらも体の割に目が大きいことから名付けられています。ほか、メカジキは「目梶木」と書かれることが多いようですが、「女舵木」と当て字されることもあります。マカジキ(真梶木)と比べてその身が色白なので、女性的という意味からメスのカジキ、つまりメカジキと名付けられたのではないかと思われます。そうすると「目梶木」という漢字は、実は妥当ではないかもしれませんね。

           

          (原作:医学博士 武藤政春)

          • 0
            • -
            • -
            • -

            目のつく地名 〜西日本編〜

            • 2018.09.18 Tuesday
            • 15:32

            目のつく地名 〜西日本編〜

             

            海道から中部にかけて「目」のつく地名のお話を伺ってきましたが、あとは西日本ですね。

             

            西日本には、歴史や伝説に由来を持つ地名がありますので、見ていきましょう。奈良市に布目川(ぬのめがわ)という川があります。布目の目は部の意味らしく、昔「はたおり」の人が多くいたため、布部即ち服部(服織部)を由来に名付けられたようです。同様に、鹿児島県に勝目(かちめ)という地名がありますが、これは鍛冶部からきているようですね。

            また、三重県の観光地、赤目一志峡(あかめいっしきょう)をご存知でしょうか。南北朝の頃活躍した北畠氏の史跡の多い所ですね。ここは有名な赤目四十八滝があります。「役(えん)の小角(おつの)」がこの地で滝に向かって修行している時に、不動明王が牛に乗って出現し、その牛の目が赤かったために赤目の名が付いたという話があります。

             

            「役の小角」は、飛鳥時代の呪術者ですね。現在でも、ゆかりの史跡が多く残っています。

             

            山口県山口市から萩市に抜ける山道の静かな山峡を流れているのが蔵目喜川(ぞうめきがわ)です。この名の由来は「ざわめき」からきたそうです。この辺りは奈良時代から銅山が開かれていました。関ケ原合戦後、毛利氏は藩の財政上この銅山を重視し、大量の人夫を送り込んで採掘に当たらせました。一時は大勢の人が集いざわめき、賑わったといいます。

             

            ケ原で敗軍となった毛利氏は大幅に減封されたのでしたね。財政上の苦労があり、銅山を積極的に採掘したのでしょうか。

             

            熊本県には、人吉市内から西へ7km、鹿目(かなめ)側の渓谷の奥に鹿目の滝があります。鹿目の部落は相良藩と薩摩藩の重要な国境の一つで、名の由来は「要」のようです。

            この鹿目の部落に浄瑠璃にうたわれた河合又五郎の屋敷跡があります。河合又五郎は叔父を殺したために、その息子と息子の義理の兄である荒木又右衛門に、伊賀の上野の鍵屋の辻で敵討ちにあってしまいます。これが、曽我兄弟、赤穂浪士とともに日本三大敵討ちのひとつに数えられる「鍵屋の辻」ですね。河合又五郎は、返り討ちした場合には鹿目の部落に帰るつもりでいたようです。

             

            ることは叶わなかったわけですね。全国にある「目」のつく地名を見てきましたが、その由来は実にさまざまでした。地名の成り立ちから、地方の歴史をひもといていくのも一興ですね。

             

            (原作:医学博士 武藤政春)

            • 0
              • -
              • -
              • -

              「目」のつく地名 〜関東・中部地方編〜

              • 2018.09.07 Friday
              • 09:14

              「目」のつく地名 〜関東・中部地方編〜

               

              日の北海道や東北の「目」のつく地名のお話はとても興味深いものでした。そういえば、東京にも「目白」「目黒」という「目」のつく地名がありましたね。

               

              どちらも山手線にある駅名ですから、初めて東京に来た人には紛らわしいものでしょうね。この二つの地名の由来は江戸時代にさかのぼります。江戸には五つの不動堂がありました。現在の目黒区下目黒にあった目黒不動、豊島区目白にあった目白不動、ほか、世田谷区に目青不動、台東区に目黄不動、文京区に目赤不動、この五つは五色不動と呼ばれてあつい信仰を受けていました。五つの内現在も地名として残っているのが目白と目黒の二つなのです。

               

              白・目黒にそのような由来があるとは知りませんでした。

               

              東京近郊にも「目」のつく地名はいくつか見ることが出来ますね。日光市の笹目倉山(ささめくらやま)、東京都と秩父市の境界にある天目山(てんもくざん)、神奈川県の目久尻川(めくじりがわ)、金目川(かなめがわ)などがあります。

              笹目倉山はササメ(篠竹)が多い山という意味で、当て字で目の字が使われているだけのようです。天目山というのは元々中国にある山ですが、これに似ているということで名付けられたようです。天目山は昔、日本からも禅僧が修行に出かけた所で、この僧達がこの地の名産品を持ち帰って日本でも作るようになったのが天目茶碗なのです。

               

              れが天目茶碗のルーツなのですね。いにしえの話を紐解くのは面白いものです。

               

              話といえば、中部地方にも面白い伝説のある「目」のつく地名がありますよ。石川県の白山国立公園の中の目附谷川(めつごたにがわ)には次のような話が伝わっています。

               「昔、白山が女人禁制だった頃あるうぬぼれの強い美人がいた。女人禁制といえども、自分程の美人なら許されるであろうと、白山の頂上へ登って行った。八合目に来ると大入道が現れ、これ以上行ってはならんとどなったが、女は気にもとめずに登っていった。白山の神はこれを大いに怒り、その女を二つに割り、片方を谷へ投げつけた。それ以来その谷の近くを通ると、片足の女が立っていたり、わらじが片方だけあったりするという。現在でもこの谷に住むイワナは片目であるという。」

              この地方では、片目のことをメッコといい、メッコ谷が目附谷になったと考えられています。

               

              ょっとゾッとするようなお話です。なかなか夏の夜にふさわしい趣がありますね。

               

              (原作:医学博士 武藤政春)

               

              • 0
                • -
                • -
                • -

                「目」のつく地名 〜北海道・東北地方編(2)〜

                • 2018.08.10 Friday
                • 15:34

                「目」のつく地名 〜北海道・東北地方編(2)〜

                 

                回は日本に「目」のつく地名についてのお話でした。東北地方だけでも、「目」のつく地名は語りつくせぬほどありそうですね。

                 

                青森県の川目、大川目、西川目、下清水目…、岩手県の内川目、立川目、横川目、外川目…、宮城県の反目(そりめ)、桜ノ目、塚ノ目、霞目(かすみのめ)…、山形県の落野目、糠野目…など、東北地方にはやたらと「目」のつく地名が多いようです。

                そして興味深いのは、東北地方の北部には「――川目」という地名が多く、南部には「――の目」という地名が多くなることです。「――の目」という地名は栃木県まで及んでいます。

                 

                当にいろいろありますね。この「目」にも意味や由来があるのでしょうか。

                 

                この東北地方独特といえる「――目」という地名の目の字は、本来「べ」であったものが「メ」に転化したものであろうと思われます。

                秋田県阿仁町に岩野目沢という地名がありますが、この辺は非常に岩場の多い辺りです。そんな所から、岩の多い辺り→岩の辺(いわのべ)と本来名付けられたと考えるとわかりやすいでしょう。

                仙台市の霞目はよく霞がかかる所であり、一関市の山目は奥州街道筋でここだけ山が迫っている地形です。本来は、霞の辺(かすみのべ)、山の辺(やまのべ)と命名されたのではないでしょうか。

                 

                部の「――川目」という地名も同様に、「――川辺」がいつしか「――川目」に転化していったものなのでしょうね。

                 

                川目、山目というと、関東人にとって奇異な名称ですが、川辺、山辺と書き換えてみると違和感がなくなりますね。東北地方の「――メ」という地名は殆どが本来は「――べ」であったのだろうと思われます。

                「目」のつく地名を見ていくだけでも、その土地の文化を垣間見るようで興味深いですね。またいずれ他の地方についてもお話ししていきましょう。

                 

                (原作:医学博士 武藤政春)

                 

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -

                  「目」のつく地名 〜北海道・東北地方編(1)〜

                  • 2018.07.30 Monday
                  • 16:42

                  「目」のつく地名 〜北海道・東北地方編(1)〜

                   

                  の夏は暑いですね、ムトウ先生。外出するのもためらわれてしまいます…

                   

                  本当にそうですね。今回は、日本の「目」のつく地名を探して、地図をたどってみませんか。

                  そのような旅も一興ですよ。実際みてみると、日本には「目」のつく地名が七十以上あるのです。

                   

                  外にあるものですね。その由来も様々なのでしょうか。

                   

                  北海道知床半島の羅臼町のあたりは目梨郡(めなしぐん)と呼ばれています。これはアイヌ語のメナシの当て字です。メナシというのは東方の意味で、江戸時代までは襟裳岬の東方、即ち北海道の東半分をメナシと呼んでいたようですね。明治二年の北海道区画整理の際に、知床半島のあたりだけを目梨郡としたようです。

                  北海道には他にもアイヌ語由来の地名があります。ニセコ連邦の外れにあり、連邦で二番目に高い山の目国内岳(めくんないだけ)もそうです。メクンナイ(猫が鳴く)という説と、マクン(奥にある)+クンネ(暗い)という説があります。いずれにしても、いつでも猫が鳴いているような暗い山という意味なのでしょうね。

                   

                  るほど。何故地名に「目」がつくのか、由来も一緒に見ていくと面白そうですね。

                   

                  秋田県八郎潟の東方にあるのが五城目(ごじょうめ)町です。この場合の「目」は中心を意味するようです。中世の頃この辺りに五つの城があり、その中心として栄えた土地であるため五城目という名が付いたという説があります。五城目町には馬場目川、馬場目岳という地名がありますが、これもまた中心を意味した目のようです。この辺りは牧場であり、馬の産地の中心に位置するために命名されたようですね。

                  また秋田県南部には西目(にしめ)町があります。これは西側が海に面しているために、西面→西メン→西メ→西目となったようです。西目という地名は日本全国に多く見られます。鶴岡市西目、熊本天草郡松島町西目、鹿児島県阿久根市西目など、いすれも西側が海に面しています。

                   

                  「目」という字がさまざまな意味を持ち、そこから「目」のつく地名を多く広がっていくようになったのですね。まだまだ興味は尽きませんね。次回もまたお聞かせください。

                   

                  (原作:医学博士 武藤政春)

                   

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -

                    動物とヒトの涙の違いとは

                    • 2018.07.17 Tuesday
                    • 13:01

                    動物とヒトの涙の違いとは

                     

                    トウ先生、この夏は松尾芭蕉の足跡を追って小旅行に行ってみようと思うのですよ。

                     

                    芭蕉の俳句を読むと、実に旅情を誘われますね。私もみちのくの旅に出てみたいものです。松尾芭蕉の『奥の細道』に、

                      行く春や鳥啼き魚の目は泪

                    という有名な句がありますね。この句の大意は、春はもう過ぎ去ろうとしている、行く春との別れを惜しんでいるのは人間ばかりではないようだ。鳥は悲しげに啼き、魚の目は涙にうるんでいる、という意味で、非常に趣の深い句です。しかし、せっかくの名句をあげつらうわけではありませんが、魚の目に涙というのはありえないことです。

                    涙はそもそも目が乾燥しないためのもので、水中で生活をする魚の目はいつも潤っていますから、魚の目には涙はありません。涙が存在するのは、陸上生活をする両生類以上の生物です。

                     

                    うなると、「行く春や鳥啼き猫の目は泪」とでもすべきでしょうか。句の情趣はかなり落ちてしまいますが。

                     

                    なかなか面白いですが、残念ながらそれもないでしょう。

                    悲しみや喜びで涙が出る、感情の高揚によって涙が出てくるのは、数ある動物の中でも私たち人間だけの特性だからなのです。

                    ヨーロッパでは、獲物をとらえて水面に浮かびあがったワニが涙を流すので、ワニは慈悲深い動物で、獲物への慈悲の涙を流すと言い伝えられてきましたが、これも瞬膜が水をぬぐう作用に過ぎず、感情による涙ではありません。

                     

                    情による涙を流すのは人間だけなのですか。

                    ところで涙といえば、「鬼の目にも涙」とか「スズメの涙」など、言葉の例えにも使われますね。

                     

                    「鬼の目にも涙」という場合の「涙」は、ワニに言われたような慈悲の意味ですね。しかし「スズメの涙」というのはちょっと違っていて、小さいもの、少ないものの意味です。「涙金(なみだきん)」のような使い方です。スズメのように小さな動物の、しかも涙のように小さいもの、ということで、極めて小さいものを意味する場合に使われています。

                     

                    たちにとって身近な「涙」ですが、こうして見ると、さまざまな発見があるのですね。

                     

                    (原作:医学博士 武藤政春)

                     

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      カウンター

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM