盲目で関ケ原に向かった大谷吉継

  • 2017.10.30 Monday
  • 15:06


盲目で関ケ原に向かった大谷吉継

 

 

ケ原の戦いは、今年映画にもなりましたが、西軍に大谷吉継という武将がいましたね。頭巾をかぶった異様な風体に驚きました。
 

大谷吉継は九州大友家の家臣でしたが、大友家滅亡により流浪の身になり、やがて石田三成の推挙により秀吉に仕えるようになった武将です。のちに越前敦賀領主となりましたが、三十歳頃にハンセン氏病を病み、両眼を失明してしまったのです。

 

 

は関ケ原の戦のときにはすでに視力を失っていたのですね。

 

1600年の上杉征伐に家康が出陣する時、これに従軍するつもりで国を出た吉継は、石田三成から家康に対して戦いを挑むことを打ち明けられ、味方になってくれるように頼まれたのです。
その時吉継は既に両眼とも見えなくなっていましたが、世間を見通す目は確かでした。三成が家康に歯向かっても勝目がないということは知っていたでしょう。それでも三成の軍に参加したのは、ひとえに三成に対する恩義からでした。

 

 

臣秀吉の家臣に推挙してくれたことへの恩義ということでしょうか。

 

こんなエピソードがあります。豊臣秀吉在世の頃、大阪城で茶会が開かれたときのことです。当時吉継はハンセン氏病を病んでいました。茶会では、秀吉がたてた茶を居並ぶ武将達が一口ずつ飲み回していましたが、吉継から茶碗が回ってくると、武将たちは飲むのをためらい、飲むしぐさだけして「結構な味でございます」などと言っては次へと回していました。しかし茶碗が三成のもとへと来たとき、三成は表情も変えずにゴクゴクとその茶を飲みほしてしまったといいます。
 

 

成の人柄がしのばれますね。吉継はどれほどの思いでそれを見ていたことでしょう。

 

この時の恩を吉継は終生忘れなかったといいます。そして関ケ原では、寝返り相次ぐ西軍の中にあって、最後まで戦い抜いたということです。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -