大きな目を持つウシ

  • 2017.12.01 Friday
  • 14:37

大きな目を持つウシ

 

 

日牧場に遊びに行ってきましたが、牛というのは本当に大きな眼をしていますね。

 

ウシは大きく突き出した特徴的な目をしていますね。先天性緑内障のことを「牛眼」と呼びますが、これはギリシア語の「Buphthalmos」(牛の目という意の合成語)に由来しています。乳児は眼球組織が未成熟なので、眼圧が高いと内側からの圧力によって、眼球が拡張して突き出してくることが多くなります。その様子がウシの眼に似ていることから、このように呼ばれるようになったのでしょう。

 

 

畜の中では、馬は牛以上に大きく突き出た目をしていますが・・・「馬眼」とならずに「牛眼」となったのは不思議ですね。

 

それについては、歴史的エピソードをたどってみるとよいでしょう。紀元前490年のマラトンの戦いでは、アテネの兵士フェディオビデスが、軍装のまま城門まで走り続け、味方の勝利を絶叫して息絶えたといわれています。マラソンの起源になった出来事です。なぜこのときフェディオビデスは早馬に乗らず、自ら走ったのか…古代ギリシアではまだ軍馬がほとんど存在していなかったことをうかがわせます。

 

 

うなのですね。馬の家畜化は歴史的にやや遅かったのでしょうか。

 

当時ウシが全世界的に家畜化されていたのに対し、ウマは北アジアや北ヨーロッパで家畜化されていたに過ぎません。もう少し後の時代、紀元前336年、マケドニアにアレクサンダー大王が登場し、ウマの機動力を大いに活用して大帝国を築き上げていきます。 それ以前のギリシア人は、海軍と重装歩兵陸軍とで地中海沿岸領域だけを制圧しようという小市民的な考え方をしていたのです。

 

 

まり「馬眼」ではなく「牛眼」と呼ばれたのは、牛の方が家畜として知られていたからということでしょうか。

 

そうですね。当時は、ヒポクラテスなどによって花開いたギリシア医学全盛の時代ですが、ウマにはまだ馴染みが薄く、大きな目の持ち主といえばウシしかいなかったのです。「牛眼」という病名が使われたのも当然かもしれません。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -