サケはどうやって故郷の川に帰る?

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 14:43



サケはどうやって故郷の川に帰る?

 

 

日テレビで、サケが故郷の川へと遡上してくる様子を見ました。海で過ごした後だというのに、きちんと生まれ育った川に帰ってくるというのは不思議ですね。

 

サケの受精卵は100〜150日でふ化し、稚魚となったサケは4〜6月頃に川を下って海へ向かいます。海で3〜5年生活したサケは、成熟し、生まれ故郷の川を目指して旅を始めます。人間に例えるなら、6歳くらいの子どもを見知らぬ土地へ連れていき、数年経ってから一人で生まれ故郷に帰るようなものであり、ほぼ不可能と言ってよいでしょう。

 

 

ケは何を頼りに故郷の川に帰ってくるのでしょう。何かレーダーになるものがあるのですか。

 

魚の聴覚器官は、サケに限らず極めて不完全なものです。内耳はあっても鼓膜がなく、聴覚はほとんど役に立っていません。その代わり魚には体の両側に、振動を感じる「側線」と呼ばれる器官があります。水の流れの微妙な変化を感知し、敵の存在やエサのありかを探るのに大いに役に立っています。ただこの側線も、サケの回帰にはあまり関与していないそうです。
翻って、魚の嗅覚はかなり鋭敏なようです。実験として、二つに枝分かれした川の上流で戻ってきたサケを捕らえ、鼻孔を綿でふさいでから分岐点の下流で放流すると、サケは分岐点の先へ進めなかったといいます。嗅覚が母川回帰に大きく関与していることを物語っていますね。

 

 

は、サケは故郷の臭いをたどって帰ってくるということでしょうか。

 

大海のはるか彼方から、嗅覚だけを100パーセント頼りに戻ってこられるのかは、やや疑問ですね…。
サケの目について考えてみましょう。その構造上、視力はかなり良いはずです。サケは故郷の川へ帰るときは、昼間だけ動いて、夜は回遊をしません。なぜ昼間だけ行動するかについては、いろいろな説があります。太陽の位置をコンパスにしている、まわりの地形を見ながら回遊しているなど言われていますが、まだ断定はできません。いずれにしても、昼間だけ回遊しているということは、視覚が回帰に何らかの形で寄与していることを想像させます。

 

 

ケの母川回帰にはまだまだ未知の部分が多いのですね。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -