紫式部が近視にならなかった訳は

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 15:28



紫式部が近視にならなかった訳は

 

 

日、清少納言が遠視だったのではないかというお話を伺いました。清少納言と並び称される、「源氏物語」の作者・紫式部のことも知りたくなってきます。

 

紫式部は小さい頃から賢く、勉強家だったようです。兄よりも早く漢文の暗唱をする彼女を見た父親は、彼女が男の子でないことを悔しがったといいます。 紫式部日記をひもとくと、紫式部が夜でも遠くがよく見えていた様子や、近方視が困難になっていた様子がうかがえます。清少納言同様、これも30代半ばのことですから、やはり遠視であったのではないかと推察されます。

 

 

強家だった紫式部と清少納言が近視にならずに済んだのは何故なのでしょうか。

 

おそらくは、二人が読み書きしていた文字が字画が多く混み入った文字の漢字ではなく、字画が少ない仮名文字だったからではないでしょうか。
当時、仮名混じり和文を書くのは専ら女性に限られていました。漢字や漢文はあくまでも男性にとっての教養で、女性が漢文の素養をひけらかすことは小賢しい事であり、女性は仮名文字だけを読み書きすれば良いのだと考えられていました。この風潮のおかげで、紫式部と清少納言は近視にならずに済んだのかもしれません。

 

 

性が漢文の素養を見せるとよく思われないなんて、息苦しいことだったでしょうね。

 

生真面目な性格の紫式部は、小賢しい女と言われないよう漢文の素養があることを隠し、一条天皇から「源氏物語の作者は漢文で書かれている日本書紀を相当に読み込んでいるに違いない」と言われたときも「最近は『一』という漢字さえ書いておりません」と答えた程です。これに対して物事にこだわらない清少納言は、枕草子の中でもあっけらかんと、漢文の素養があることを披歴しています。

 

 

じ優れた文学者でありながら、対照的な性格の二人だったのですね。

 

紫式部はそんな清少納言のことを「清少納言こそ、したり顔にいみじう侍りける人(清少納言ってしたり顔の嫌な女ね)」と辛辣に批評しています。しかし、もし紫式部が同じように奔放な性格で、漢文が得意だからといって漢文学の方にのめりこんでいったとしたら、「源氏物語」は生まれなかったでしょうし、紫式部は近視になっていたのかもしれません。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -