眼の無理心中

  • 2018.02.13 Tuesday
  • 17:45

眼の無理心中

 

トウ先生、先日『曾根崎心中』の人形浄瑠璃を観てきましたよ。
 

好き合っていながら二人が添い遂げる場がこの世になく、来世で恋を結ぶために死を選んだお初と徳兵衛…近松門左衛門の代表的な作品ですね。「心中」というのは江戸時代に作られた言葉ですが、これは「忠」の字を逆転分解したものということを知っていますか? 当時「忠義」というのは武士階級だけに許された言葉であり概念でした。町人には人間としての誠意などないものとみなされていたのです。
これに対し、町人にだって誠意はあるのだという心意気を示すために作られたのが「心中」です。武士の「忠義立て」に対応して、町人階級では、様々な手段でお互いの誠意を示す「心中立て」が行われていました。
元禄時代に至り、近松門左衛門が『曾根崎心中』『心中天の網島』など一連の作品で人気を博するようになると、一般に心中というと男女の情死をさすようになったのです。

 

 

のような成り立ちを持った言葉とは知りませんでした。時代とともに、その示すものも変遷してきたのですね。
 

ところで、心中といえば、「眼の無理心中」とも呼べる奇妙な病気があるのです。それは眼球をざっくりと穿孔するケガをした場合に起こります。その場合、ケガをした眼が駄目になったとしても、それは理解できますね。ところが、穿孔性の眼外傷を受けた場合に、稀ではありますが、もう一方のケガをしていない方の眼にも強い炎症を起こし、結局両目が駄目になってしまうことがあります。

 

 

うしてそのようなことが起こるのですか?片眼だけでも大変なのに、両目とはたまったものではありませんね。

 

何故そのようなことになるのかは、未だわかっていません。この病気は交感性眼炎と呼ばれていますが、まさか眼が忠義立てをしてつき合っているわけでもないでしょう…。
交感性眼炎というのは、穿孔性の眼外傷を受けた場合のみに起きてくる可能性があるものです。眼に無理心中されたくなければ、まず穿孔性の眼外傷を受けないように気を付けなければなりませんね。交通事故によるガラス破片、旋盤工場で飛入する鉄片などで起こす場合が多いのです。また意外に多いのが、子ども同士でハサミなどをいたずらしていて眼を突いてしまうという事例なのですよ。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -