梶原景時はなぜ頼朝を見逃したか?

  • 2018.03.30 Friday
  • 14:25

梶原景時はなぜ頼朝を見逃したか?

 

 

梶原景時という武将を知っていますか。1180年、平氏追討のため挙兵したものの敗走した源頼朝を、山中において見逃したというエピソードが知られています。


 

朝が隠れている洞窟を覗き込み、そこに頼朝がいるのを知りつつも見逃したとか。武士の情けか、はたまた頼朝の堂々たる姿に気押されたか…感動的な逸話ですね。

 

しかしその話は本当なのでしょうか?当時の景時の立場としては、もし頼朝の首を取れば大変な手柄であったはずです。後年景時は、この一件もあって頼朝に重用されるようになったものの、この時点での頼朝は敗軍の将であり、いわば賞金首のようなものです。果たしてこのようなチャンスを武士の情けなどで放棄するものでしょうか。

 

 

時は武士の情けより、実利を取るような人物だったのですか?

景時はのちに頼朝に仕えるようになり、源平の合戦には源氏方として出陣します。屋島の合戦の時、義経に逆櫓を船に付けることを進言して叱責され、以後義経を恨むようになります。義経の行状を事ある毎に頼朝に進言し、兄弟対立を煽るようになったようです。
頼朝の死後、幕府内に権力闘争が起きると、彼は結城朝光を陥れようとして逆に三浦、和田氏等の弾劾を受け鎌倉を追われます。このため彼は、幕府に対抗し挙兵しようとしますが、上洛の途中、追討軍に討たれ一族ことごとく討ち死にします。

 

 

時の人物像は、頼朝を見逃した、無欲で高潔な武将とは隔たりがあるように思えますね。

 

むしろ、野心が強い小人物という人間像が浮かんできます。こんな人間が、目の前にぶら下がっている大きなチャンスを逃すでしょうか。
景時が洞窟の中を覗き込んで、頼朝を見逃したのは、決して頼朝の姿を認めながらではなく、頼朝の姿が見えなかったからであると考えた方が納得がいきます。

 

 

いうことは、景時の目に何かの原因があったとも考えられるわけですね!

 

これは私の想像でしかないのですが、景時は実は夜盲症で、そのため薄暗い洞窟の中がよく見えなかったために、頼朝を見逃したのであると考えると、わかりが良いような気がします。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -