ヘビが持つ「もう一つの目」

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 18:13

ヘビが持つ「もう一つの目」

 

 

トウ先生、春には虫たちばかりでなくヘビなども活動を始めるそうですね。手足のないヘビは、その分、目などの感覚器官が優れているのでしょうか。

 

旧約聖書では、エデンの園でイブはヘビにそそのかされ、禁断の木の実を食べてしまいました。その罰としてヘビは手足をもがれ、地を這い回って暮らすように命じられたといいます。
手足という大切な器官を取り上げられたヘビが今日まで生き長らえてきたのは、特別な感覚を持ち合わせたためかもしれませんね。

 

 

活圏である草むらは視界が良くありませんが、そこに適応した感覚を持つのでしょうか。

まずヘビの目には、他の動物には見られない特徴があります。ヘビの目は透明化した皮膚が眼球をおおっています。特殊なコンタクトレンズで保護されているようなものですから、草で目を突きささずに済む大変便利なものです。また、ヘビの目の構造から考えて、相当良い視力を持っているはずです。
しかし視界のよくない草むらでは、視力を十分生かしているとは思えません。しかもヘビの主食であるトカゲやカエルなどは、周囲に合わせて体の色を変える能力がありますからね。

 

 

ビの優れた視力を持っていても見つけにくいというわけですね。それを補うような器官があるのでしょうか。

 

実はヘビには「もう一つの目」があるのです。1952年のアメリカの研究で、ヘビの両目をテープで覆い、臭神経を遮断するものを吹きかけて、マウスのオリに入れてみました。すると視覚も臭覚も利かないはずのヘビが、難なくマウスを捕まえたのです。
その後の研究で、ヘビは目と鼻の間にあるえくぼのような凹みに温度感覚の受容器官を持っていることが明らかになりました。
ヒトの皮膚には、温かさを感じる温点が1平方センチメートルあたり3つあります。ところが、ヘビのこの凹みには15万個も集中して存在しています。この感覚器官は一対ありますから、ちょうど両目で物を見て立体感が得られるように、温度を発する物体の方向や距離、大きさから形まで、ある程度わかるようになっています。

 

 

から視界の良くない草むらでもエサの存在を探知できるのですか。ヘビは手足を持たない代わりに、生きていくうえで目以上に頼もしい武器を与えられたという訳ですね。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -