目の血管の兄弟ゲンカ 〜聖書と眼病(1)〜

  • 2018.04.23 Monday
  • 14:04

目の血管の兄弟ゲンカ 〜聖書と眼病(1)〜

 

 

トウ先生、ホテルに泊まった時、いつも奇異に思うのですが、必ず聖書が置いてあるのですね。外人客など稀にしか泊まらないのではないかと思われるところでもそうです。
 

聖書をめくってみると、結構面白い話が載っていますよ。特に旧約聖書は大昔の物語と言った色彩が強く、興味深いです。中には眼病の予防に関して、教訓となるような話もあります。

 

 

えばどのような話でしょうか?

創世記四章には、アベルとカインの話が出てきます。アベルとカインはアダムとイヴの間に生まれた兄弟です。アベルは優等生タイプのいい子、カインは腕白でも逞しく…という言葉のように育った子です。アベルは羊の放牧を行い、カインは土地を耕しました。最初の実りの秋、兄弟はともに神に捧げ物をしましたが、神はアベルの捧げ物だけを受け取り、カインの捧げ物は受け取りませんでした。つまり神のエコヒイキがあったわけですが、これを悲観したカインはアベルを殺してしまいます。
しかしその結果、アベルの恨みの血が大地を覆い、土を耕すことが出来なくなったカインは放浪の旅に出るという話です。

 

 

ベルとカインの話をテーマにしたものとして、ヘルマン・ヘッセの「デミアン」、映画では「エデンの東」などがありますね。

 

そうですね。私はこの話を読んで、網膜静脈閉塞症という眼底の病気を連想しました。網膜静脈閉塞症というのは、眼底の動脈と静脈の交叉部において、動脈が静脈を圧迫し、静脈の血液の流れを一時的に頓挫させた場合に、静脈を流れ去るべき血液が静脈からあふれ出て、いわゆる眼底出血を起こしてしまう病気です。
出血を起こした領域の網膜は、出血により毛細血管網が圧迫され、血液が流れ込まなくなるので、結局その領域の網膜は栄養が受け取れなくなってしまいます。
これは正に、カインたる動脈が、アベルたる静脈の首を絞めた所、静脈の恨みの血が大地(網膜)にあふれ、結局動脈も自らの耕すべき大地を失う様なものです。

 

 

の血管に兄弟ゲンカされて、その結果目が見えなくなってしまうのは辛いですね。

 

この病気は血圧が上昇したときに起こすことが多いですから、気をつけたいですね。次回はもう少し、聖書から連想する眼病の話を紹介しましょう。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -