地球から消えた恐竜の目

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 17:26

地球から消えた恐竜の目

 

 

トウ先生、恐竜展を見てきましたよ。太古の時代に生息していた恐竜に思いをはせると、子どもでなくともワクワクするものですね。

 

本当にそうですね! 1822年、イギリスの開業医であり化石収集家であったマンテルは、不思議な形の歯の化石を見いだし興味を抱きます。当時の専門家たちは「サイの歯」と考えましたが、その一帯からさらに化石が発見され、その骨格は現存するどの動物にも該当しないことがわかります。歯はイグアナの歯に似ているがずっと大きな動物であるため、その動物は「イグアノドン(イグアナの歯)」と名付けられます。その後これに類する化石が世界各地で発見され、この生物は「Dinosauria(恐ろしい爬虫類)」と命名されたのです。
現在知られているように、恐竜は2億年から6500万年前頃まで地球上の覇者として君臨し、6500万年くらい前に突然絶滅します。絶滅の原因は諸説ありますが、決定的なものとはなっていません。

 

 

のような大きな体ですから、目の視力も相当に良かったのでしょうね。恐竜

 

恐竜はすべて絶滅しましたから、実際の生態やどんな目を持っていたか、全容を解明することはできません。しかし化石からは、脳の大きさや目の位置などを知ることはできます。その歯を見れば草食性か肉食性かがわかります。プロントサウルスやイグアノドンなどは草食性で、体の大きさに比べて脳も目もあまり大きくはありません。したがってそれほど視力は鋭敏ではなかったようです。

 

 

食性の恐竜はどうでしょう。狩りをするので視力も優れていたのではないでしょうか。

 

ティラノサウルス、ディノニクスなどの肉食恐竜は、頭蓋骨も大きく、眼窩も大きいので、より大きな脳と目を持っていたはずです。目も顔の前面に並んでついているので、両眼視機能もよかったと考えられます。
恐竜の中で特に大きな目を持っていたのが、オフタルモサウルスです。オフタルモは目の意味ですから、その特徴からこの名がつけられたのでしょう。オフタルモサウルスは魚竜として非常に進化した恐竜です。薄暗い水中でエサをとるのにも十分役立ったことでしょう。

 

 

竜がどのような目をしていて、その目がどのような能力を持っていたか、考えると実に興味深いです。科学のテーマとして非常に面白いものの一つですね。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -