動物の目のつく言葉【英語編】

  • 2018.06.21 Thursday
  • 14:26

動物の目のつく言葉【英語編】

 

回は動物の目に例えた言葉を、日本語表現においてお話しいただきました。今回は西洋における動物の目の例えについてお聞かせください。

 

英語の「cast 〔make〕sheep’s eye at〜(ヒツジの目を投げかける)」、これは「〜を流し目で見る、〜に秋波を送る」という意味で使われているようです。ライオンなどの肉食動物の目は、前方がよく見えるよう顔の前面に並んでついています。草食動物であるヒツジの目は、顔の側面についていて、どこから敵が襲ってきてもすぐに発見できるようになっています。ヒツジは同時にその目が切れ長であるため、何となく流し目をされているように感じたのでしょう。

 

ツジの目をそのようにとらえるとは、面白いですね。他にはどのようなものがありますか。

 

cat’s eye(ネコの目)は宝石の猫目石のことですね。ネコは、網膜の外側に反射層を持っています。外から直接網膜に達する光だけでなく、網膜をいったん通過した光を反射層で反射させ、もう一度感知するようになっています。反射した光が目の外にも出てきますから、ネコの目は薄暗闇でキラキラ光るのです。ちょうど猫目石がそのように光る石なので、cat’s eyeと名付けられたのでしょう。cat’s eyeは網膜芽細胞腫などの際に、目がキラキラと光る場合の症候名としても使われます。

 

候名の表現が、動物の目に由来することもあるのですね。

 

有名なものに、crocodile tears(ワニの涙)があります。これは先天性または顔面神経の麻痺後に起こるもので、顔面神経の配線が混線することによって、飲食時に唾液だけでなく涙も同時に出てしまう症状です。実際にワニが飲食時に涙を流すことはありませんが、瞬膜が角膜上の余分な水分をぬぐっている様子がそう見えるのでしょう。現在、一般的な英会話でcrocodile tearsといえば、そら涙を流す、しらじらしく流す涙を意味しています。

 

「目」「eye」を用いた表現には実にさまざまなものがあるのですね。文化の東西を問わず、昔の人々の観察眼には驚かされます。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -