動物とヒトの涙の違いとは

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 13:01

動物とヒトの涙の違いとは

 

トウ先生、この夏は松尾芭蕉の足跡を追って小旅行に行ってみようと思うのですよ。

 

芭蕉の俳句を読むと、実に旅情を誘われますね。私もみちのくの旅に出てみたいものです。松尾芭蕉の『奥の細道』に、

  行く春や鳥啼き魚の目は泪

という有名な句がありますね。この句の大意は、春はもう過ぎ去ろうとしている、行く春との別れを惜しんでいるのは人間ばかりではないようだ。鳥は悲しげに啼き、魚の目は涙にうるんでいる、という意味で、非常に趣の深い句です。しかし、せっかくの名句をあげつらうわけではありませんが、魚の目に涙というのはありえないことです。

涙はそもそも目が乾燥しないためのもので、水中で生活をする魚の目はいつも潤っていますから、魚の目には涙はありません。涙が存在するのは、陸上生活をする両生類以上の生物です。

 

うなると、「行く春や鳥啼き猫の目は泪」とでもすべきでしょうか。句の情趣はかなり落ちてしまいますが。

 

なかなか面白いですが、残念ながらそれもないでしょう。

悲しみや喜びで涙が出る、感情の高揚によって涙が出てくるのは、数ある動物の中でも私たち人間だけの特性だからなのです。

ヨーロッパでは、獲物をとらえて水面に浮かびあがったワニが涙を流すので、ワニは慈悲深い動物で、獲物への慈悲の涙を流すと言い伝えられてきましたが、これも瞬膜が水をぬぐう作用に過ぎず、感情による涙ではありません。

 

情による涙を流すのは人間だけなのですか。

ところで涙といえば、「鬼の目にも涙」とか「スズメの涙」など、言葉の例えにも使われますね。

 

「鬼の目にも涙」という場合の「涙」は、ワニに言われたような慈悲の意味ですね。しかし「スズメの涙」というのはちょっと違っていて、小さいもの、少ないものの意味です。「涙金(なみだきん)」のような使い方です。スズメのように小さな動物の、しかも涙のように小さいもの、ということで、極めて小さいものを意味する場合に使われています。

 

たちにとって身近な「涙」ですが、こうして見ると、さまざまな発見があるのですね。

 

(原作:医学博士 武藤政春)

 

  • 0
    • -
    • -
    • -