ザトウクジラは目が見えないの? 〜座頭の動物たち(1)〜

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 14:53

ザトウクジラは目が見えないの? 〜座頭の動物たち(1)〜

 

トウ先生、ザトウクジラというクジラがいますが、「座頭」と言うからには目が見えていないということなのでしょうか。

 

「座頭」は江戸期における盲人の階級の一つですね。一昔前には、『座頭市物語』という映画が一世を風靡したこともあります。

ザトウクジラはヒゲクジラの一種ですが、遊泳速度が遅いので目が見えないと連想され、この名がつけられたそうですよ。もともとクジラはあまり目が働いていませんが、ほかのクジラが俊敏であるのにザトウクジラだけがもたもた動くので、目が不自由であるように考えられたのです。

 

が見えていないということではないのですね。座頭市は、目の不自由な主人公が活躍する物語でしたが、もしも動物が座頭になったらどうなるのでしょうか?

 

まず魚類の場合はどうでしょう。この疑問に答える興味深い事実があります。あるとき漁師が海で盲目のタラを釣り上げたことがありました。腹を切り開いたところ、胃には食物がいっぱいだったそうです。つまりタラは目が見えなくてもエサをあさることができたのです。このことを知った人が実験を行った結果、魚は視覚よりも臭覚を使ってエサを捕らえることがわかりました。

両生類や爬虫類も臭覚が鋭いので、座頭になったとしても何とか生き延びられるかもしれません。しかし、トカゲやカメレオンなどは、もっぱら視覚を頼りに行動していますから、生き残ることは難しいでしょう。

 

類はどうでしょうか。空を飛ぶためには優れた視力は欠かせないように思いますが。

 

鳥類は聴覚や臭覚も非常に鋭敏であると考えられていますが、大空を自由に飛び回るためには、鋭い視力が必要ですね。昼行性の鳥が座頭になったら命も危ういでしょう。

鳥は鳥でも夜行性の鳥は別です。あるとき白内障におかされた盲目のフクロウが発見されましたが、そのフクロウは痩せるどころかよく太っていたそうです。その秘密は聴覚にあります。フクロウの聴覚は、昼行性の鳥類の数倍も鋭敏であることが知られています。フクロウもまた、座頭になったとしてもあまり困ることはないと思われます。

 

れた聴力が視力を補って余りあるのですね。では次回、哺乳類の場合についてもぜひお話を聞かせてください。

 

(原作:医学博士 武藤政春)

 

  • 0
    • -
    • -
    • -