こんなに違う、肉食動物と草食動物の眼

  • 2019.06.20 Thursday
  • 14:31

こんなに違う、肉食動物と草食動物の眼

 

トウ先生、動物公園でウサギを見てきたのですが、人が後ろから近づいてもすぐに逃げてしまいますね。後ろに眼があるかのようです。

 

ウサギはほぼ360度の視界を持っています。つまり自分の周り全周が常に見えているといい、敵に追いかけられたときには真後ろの敵を見ながら逃げると言います。まさに背中に眼があるようなものですね。

ウサギだけでなく、ウマ、リスなども360度の視界を持っています。ウマの章でもお話ししましたが、競馬の場合は却って広く見えていると、観客席の騒ぎなどで気が散ってしまい不都合です。そのため、競馬の際には前方だけが見えるような遮蔽板をつけて走ります。

 

360度見えるというのはすごいことですね。それは眼の位置が関係するのでしょうか。

 

ヒトの眼は顔の前面に並んでおり、両眼の視線の方向はほぼ平行です。これに対して、ウサギの眼は顔の側面についており、右眼と左眼の視線の方向はほぼ背中合わせに近いものです。しかしながら、両眼視している部分は狭いので、立体感や距離感は悪いはずです。

一方、肉食動物であるライオン、クマ、タカなどの肉食動物は、両眼軸のなす角が小さく、視界は狭くなっています。

 

食動物と肉食動物では、見え方や視界が異なるのですか。

 

肉食動物は視界が狭いのに対して、草食動物は広い視界を持っています。肉食動物は他の動物を見つけて捕らえなければならず、そのためには自分の正面がよりはっきりと見える必要があります。一方、草食動物は肉食動物から逃げなければならず、そのためにはどこから敵が来てもすぐわかる必要があります。

 

物たちの視界の広さが、必要性に非常に適応した形になっているとは驚きです。

 

そういえば、動物園で人気の高いパンダは、数千年前までは中国大陸においてあたかも百獣の王のようにふるまっていた肉食動物でした。それがトラに駆逐され、次第に高山へと追いやられ、食用になる動物が十分に得られなくなったためにやむなくササの葉などを食べるようになりました。パンダが肉食動物であった名残りはその眼に残っています。ササの葉ばかり食べていても、その眼は草食動物の眼ではなく、両眼軸のなす角が小さく視野が狭い肉食動物の眼をしています。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

 

  • 0
    • -
    • -
    • -