三次元の目を持つカメレオン

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 14:19

三次元の目を持つカメレオン

 

 

ットショップでカメレオンを見かけましたよ。最近は癒し系のペットとして人気があるそうですね。トカゲと同じようなものなのでしょうか。

 

カメレオンはトカゲの仲間ですが、目も体の仕組みもトカゲとは大分違いますよ。両者の生活環境が異なるからです。地面を這い回って生活するトカゲは、いわば二次元の世界に住んでいますが、木の上で生活するカメレオンは三次元の世界に生きています。
 

 

次元と三次元ですか。それぞれ体にどのような特徴があるのでしょう。

トカゲは地面を歩きやすいように五本指の手足を持っています。これに対し、カメレオンは枝をつかみやすい折りたたみ財布のような手、巻き付きやすい尾を持っています。枝につかまってあまり動かずに生活していますが、長く伸びる発達した舌を持ち、体が俊敏に動けなくても昆虫などのエサを捕らえることが出来ます。

 

 

見似ているようで、全く違う生き物なのですね。目の構造にも違いがあるのでしょうか。

 

カメレオンもトカゲも、二つの中心窩のある目を持っており、両目で四か所が見えます。視力も相当良いはずです。両者の目が異なるのは、その動き方です。トカゲの目は左右にしか動きません。二次元の世界に生きるトカゲは平面的な視界が得られれば十分です。 カメレオンは樹上という三次元世界に生きていますから、立体的な視界が必要になります。カメレオンの目は全方向に非常によく動きます。おそらく現存する動物の中では、最もよく動く目を持つ動物でしょう。

 

 

に伺ったお話では、トカゲの場合、真後ろが見えにくいので、後ろから敵に襲われたらしっぽを切って逃げるということでしたね。

 

そうですね。カメレオンの目は突き出ていてよく動きますから、真後ろまで十分観察できます。しかも左右の目が別々に動くので、片目で前方を、片目で後方を見ることもできます。 カメレオンはしっぽを切って逃げるような必要はありません。当然、カメレオンの尾は切れませんよ。

 

(原作:医学博士  武藤政春)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    眼の無理心中

    • 2018.02.13 Tuesday
    • 17:45

    眼の無理心中

     

    トウ先生、先日『曾根崎心中』の人形浄瑠璃を観てきましたよ。
     

    好き合っていながら二人が添い遂げる場がこの世になく、来世で恋を結ぶために死を選んだお初と徳兵衛…近松門左衛門の代表的な作品ですね。「心中」というのは江戸時代に作られた言葉ですが、これは「忠」の字を逆転分解したものということを知っていますか? 当時「忠義」というのは武士階級だけに許された言葉であり概念でした。町人には人間としての誠意などないものとみなされていたのです。
    これに対し、町人にだって誠意はあるのだという心意気を示すために作られたのが「心中」です。武士の「忠義立て」に対応して、町人階級では、様々な手段でお互いの誠意を示す「心中立て」が行われていました。
    元禄時代に至り、近松門左衛門が『曾根崎心中』『心中天の網島』など一連の作品で人気を博するようになると、一般に心中というと男女の情死をさすようになったのです。

     

     

    のような成り立ちを持った言葉とは知りませんでした。時代とともに、その示すものも変遷してきたのですね。
     

    ところで、心中といえば、「眼の無理心中」とも呼べる奇妙な病気があるのです。それは眼球をざっくりと穿孔するケガをした場合に起こります。その場合、ケガをした眼が駄目になったとしても、それは理解できますね。ところが、穿孔性の眼外傷を受けた場合に、稀ではありますが、もう一方のケガをしていない方の眼にも強い炎症を起こし、結局両目が駄目になってしまうことがあります。

     

     

    うしてそのようなことが起こるのですか?片眼だけでも大変なのに、両目とはたまったものではありませんね。

     

    何故そのようなことになるのかは、未だわかっていません。この病気は交感性眼炎と呼ばれていますが、まさか眼が忠義立てをしてつき合っているわけでもないでしょう…。
    交感性眼炎というのは、穿孔性の眼外傷を受けた場合のみに起きてくる可能性があるものです。眼に無理心中されたくなければ、まず穿孔性の眼外傷を受けないように気を付けなければなりませんね。交通事故によるガラス破片、旋盤工場で飛入する鉄片などで起こす場合が多いのです。また意外に多いのが、子ども同士でハサミなどをいたずらしていて眼を突いてしまうという事例なのですよ。

     

    (原作:医学博士  武藤政春)

    • 0
      • -
      • -
      • -

      360度が見える?ウマの目

      • 2018.02.02 Friday
      • 18:15

      360度が見える?ウマの目

       

       

      日はウシの大きな目のお話を伺いましたが、ウマも大きな目をしていますね。速く走ることのできるウマの目は、とてもよく見えるのでしょうね。

       

      ウマは大きくて突き出た目をしているので、実はハエに目をなめられて寄生虫感染を起こすこともあるのですよ。ハエになめられてしまうのは困りますが、目が大きくて出目なことは、ウマにとっては大変好都合なのです。
      ウマのような草食動物は、いつも肉食獣に襲われる危険にさらされています。どこから敵が現れても探知できるように監視している必要があります。目が大きくて出目であれば、その分広い視野が得られて便利です。

       

       

      きくて出目であることの他にも、優れた特徴があるのでしょうか。
       

      まず目の位置ですね。ウマの目は顔のほぼ真横についています。ヒトのような両眼視はほとんど出来ませんが、周囲の360度がほぼ見渡せます。
      次に、ヒトの瞳孔は円形に縮瞳しますが、ウマの場合は横長に細く縮瞳します。そのため、縮瞳している時でも、横に幅広い範囲がよく見渡せます。さらには中心野が横長の帯状になっているため広い範囲をよく明視できるという訳です。

       

       

      360度が見える視界というのは、どのようなものなのか見てみたいですね。

       

      ワイドスクリーン映画の画面が、周囲360度あるかのように見えている状態ですね。どの方向から敵が現れても、すぐに探知できる便利な目です。
      また、ウマの目は調節が不必要で、実際ほとんどしていません。もしも草を食べるとき、いちいち目の調節をかけていると、その間は遠方視が不明瞭となって監視がおろそかになってしまいますね。ウマの水晶体はいびつに作られていて、敵の来襲を見張る水平方向に対しては正視に、食物の草を見る下方に対しては軽度の近視に常に設定されている目なのです。

       

       

      さにウマの生態にぴったりに作られた目ということですね!

       

      そうですね。ちなみに、360度の目は野生状態では好都合ですが、競走馬にとってはかえって邪魔になります。観客席まで目に映ってしまい、気が散ることがあるのです。そこで、神経質なウマにマスクをかぶせ、あえて前方だけが見えるようにしています。ひたすら速く走ることを要求される競走馬の宿命かもしれませんね。

       

      (原作:医学博士  武藤政春)

      • 0
        • -
        • -
        • -

        片目がコンプレックス?伊達政宗

        • 2018.01.21 Sunday
        • 10:36

        片目がコンプレックス?伊達政宗

         

         

        トウ先生、戦国武将は歴史ファンの心を引き付けてやまないですが、なかでも伊達政宗は人気がありますね。

         

        伊達政宗といえば、右眼を眼帯で覆った勇猛果敢な武将として知られていますね。しかしその一生を見ると、かなりばくち的な行動を取ることが多かったようですよ。
        豊臣秀吉が小田原を攻めた時、秀吉の求めに対して、政宗は最後まで情勢を伺い洞ヶ峠を決め込んでいました。結局は秀吉側に参陣しましたが、のちに秀吉に遅参を責められ箱根に幽閉されます。やがて秀吉に謁見が許されると、切腹を覚悟の死装束で臨んだそうです。その後も隣国の騒乱を陰で煽動して、秀吉に睨まれたり、関ケ原の合戦時のどさくさに南部領内の一揆を煽動して家康の不興を買ったりしています。

         

         

        達家の当主でありながら、随分危ない橋を渡っていましたね。
         

        それだけ野心の強い人物であったということなのでしょうね。この野心の強さというのは、幼少時から彼が感じていたコンプレックスの裏返し的行動だったのではないかと思われます。彼のコンプレックスの一つは母の愛の薄さであり、一つは彼の右目です。
        1590年、伊達家当主となっていた政宗は、実母保春院に毒を盛られ、危うく命を落としそうになります。小田原征伐にすぐに参戦しなかった政宗が秀吉の怒りを買ったため、家の安泰を考えた保春院が政宗を亡き者にし、弟の小次郎を後釜に据えようとしたのです。

         

         

        くらお家大事としても、母が実の子を殺そうというのは尋常ではありません。

         

        おそらく政宗に対しては、幼少時より母の愛が薄かったのではないかと思われます。 政宗は幼児期に角膜感染症で右眼を失明しています。古来の民族では片目は片足とともに神の姿とされ、畏敬されるべきものでしたが、彼自身は片目を忌み、話題がこれに及ぶことを嫌ったといいます。彼は後に自分の木像を作るにあたって、両目をきちんと揃えるようにと注文をつけていました。

         

         

        宗は、片目であることをそんなにもコンプレックスに感じていたのですね。

         

        彼は、幼少時より抱いていたこれらのコンプレックスを飛躍へのバネとしていたことでしょう。彼がもし、非常に恵まれた環境で育っていたら、果たして奥州の覇者となりえたか疑問ですね。

         

        (原作:医学博士  武藤政春)

        • 0
          • -
          • -
          • -

          目が四つある?ヨツメウオ

          • 2018.01.09 Tuesday
          • 14:11



          目が四つある?ヨツメウオ

           

           

          トウ先生、海の上をすいすいと跳ぶトビウオは実に気持ちよさそうに見えますね。

           

          確かにそうですね。しかし空を飛ぶというトビウオの特技は、必要に迫られてのことなのです。マグロやイルカなどの大型魚類に襲われたとき、海中にいたのではすぐに食べられてしまうので、やむなく海を脱出して飛んでいるだけというのが実態なのですよ。
          ところで、トビウオのように羽を持っていないのに、水面をしじゅう跳びはねている魚がいるのを知っていますか?メキシコ南部から南アメリカ北部に生息するヨツメウオです。

           

           

          ツメウオとはどのような魚ですか?

           

          ヨツメウオは水面上を飛ぶ小昆虫を食べて生活しています。エサを捕らえ、外敵から身を守るために、ヨツメウオは常に顔の上半分を水面上に出し、目の上半分で水面上を、下半分で水中を観察しながら泳ぎ回っています。エサが飛んでくると、ピョンと跳びはねて食べ、敵い襲われると、跳びはねながら逃げていきます。

           

           

          ツメという名から、水上を見る目と水中を見る目が分かれている姿が想像されますね。

           

          本当の目は二つしかありませんが、一見すると四つ目があるように見えるので、その名がついています。ヨツメウオの目の瞳孔の中央部には、瞳孔に入る光の量を調節する虹彩組織が水平に横切っていて、瞳孔を二つに区分しています。そして、この組織のある位置と水面が一致するようにヨツメウオは泳ぎます。
          水晶体はいびつに作られていて、水中方向からの光に対しては屈折力が強く、空気中方向からの光に対しては屈折力が弱くなっています。網膜も水中用と空気中用の上下に二分されています。

           

           

          ツメウオの目は、生態に合った優れた仕組みを持っているのですね。

           

          目は二つでも実際に四つ分の働きをしているので、ヨツメという名は妥当な名前かもしれませんね。
          顔の上半分を水面上に出して泳ぎ回るというヨツメウオは、交尾のときもオスとメスが並び、そのままの姿勢で行います。そのため、交尾器は右か左のどちらかに偏ってついています。オスが右利きであれば左利きのメスを、左利きであれば右利きのメスを探さなければなりません。魚の世界も大変ですね。

           

          (原作:医学博士  武藤政春)

          • 0
            • -
            • -
            • -

            紫式部が近視にならなかった訳は

            • 2017.12.27 Wednesday
            • 15:28



            紫式部が近視にならなかった訳は

             

             

            日、清少納言が遠視だったのではないかというお話を伺いました。清少納言と並び称される、「源氏物語」の作者・紫式部のことも知りたくなってきます。

             

            紫式部は小さい頃から賢く、勉強家だったようです。兄よりも早く漢文の暗唱をする彼女を見た父親は、彼女が男の子でないことを悔しがったといいます。 紫式部日記をひもとくと、紫式部が夜でも遠くがよく見えていた様子や、近方視が困難になっていた様子がうかがえます。清少納言同様、これも30代半ばのことですから、やはり遠視であったのではないかと推察されます。

             

             

            強家だった紫式部と清少納言が近視にならずに済んだのは何故なのでしょうか。

             

            おそらくは、二人が読み書きしていた文字が字画が多く混み入った文字の漢字ではなく、字画が少ない仮名文字だったからではないでしょうか。
            当時、仮名混じり和文を書くのは専ら女性に限られていました。漢字や漢文はあくまでも男性にとっての教養で、女性が漢文の素養をひけらかすことは小賢しい事であり、女性は仮名文字だけを読み書きすれば良いのだと考えられていました。この風潮のおかげで、紫式部と清少納言は近視にならずに済んだのかもしれません。

             

             

            性が漢文の素養を見せるとよく思われないなんて、息苦しいことだったでしょうね。

             

            生真面目な性格の紫式部は、小賢しい女と言われないよう漢文の素養があることを隠し、一条天皇から「源氏物語の作者は漢文で書かれている日本書紀を相当に読み込んでいるに違いない」と言われたときも「最近は『一』という漢字さえ書いておりません」と答えた程です。これに対して物事にこだわらない清少納言は、枕草子の中でもあっけらかんと、漢文の素養があることを披歴しています。

             

             

            じ優れた文学者でありながら、対照的な性格の二人だったのですね。

             

            紫式部はそんな清少納言のことを「清少納言こそ、したり顔にいみじう侍りける人(清少納言ってしたり顔の嫌な女ね)」と辛辣に批評しています。しかし、もし紫式部が同じように奔放な性格で、漢文が得意だからといって漢文学の方にのめりこんでいったとしたら、「源氏物語」は生まれなかったでしょうし、紫式部は近視になっていたのかもしれません。

             

            (原作:医学博士  武藤政春)

            • 0
              • -
              • -
              • -

              サケはどうやって故郷の川に帰る?

              • 2017.12.19 Tuesday
              • 14:43



              サケはどうやって故郷の川に帰る?

               

               

              日テレビで、サケが故郷の川へと遡上してくる様子を見ました。海で過ごした後だというのに、きちんと生まれ育った川に帰ってくるというのは不思議ですね。

               

              サケの受精卵は100〜150日でふ化し、稚魚となったサケは4〜6月頃に川を下って海へ向かいます。海で3〜5年生活したサケは、成熟し、生まれ故郷の川を目指して旅を始めます。人間に例えるなら、6歳くらいの子どもを見知らぬ土地へ連れていき、数年経ってから一人で生まれ故郷に帰るようなものであり、ほぼ不可能と言ってよいでしょう。

               

               

              ケは何を頼りに故郷の川に帰ってくるのでしょう。何かレーダーになるものがあるのですか。

               

              魚の聴覚器官は、サケに限らず極めて不完全なものです。内耳はあっても鼓膜がなく、聴覚はほとんど役に立っていません。その代わり魚には体の両側に、振動を感じる「側線」と呼ばれる器官があります。水の流れの微妙な変化を感知し、敵の存在やエサのありかを探るのに大いに役に立っています。ただこの側線も、サケの回帰にはあまり関与していないそうです。
              翻って、魚の嗅覚はかなり鋭敏なようです。実験として、二つに枝分かれした川の上流で戻ってきたサケを捕らえ、鼻孔を綿でふさいでから分岐点の下流で放流すると、サケは分岐点の先へ進めなかったといいます。嗅覚が母川回帰に大きく関与していることを物語っていますね。

               

               

              は、サケは故郷の臭いをたどって帰ってくるということでしょうか。

               

              大海のはるか彼方から、嗅覚だけを100パーセント頼りに戻ってこられるのかは、やや疑問ですね…。
              サケの目について考えてみましょう。その構造上、視力はかなり良いはずです。サケは故郷の川へ帰るときは、昼間だけ動いて、夜は回遊をしません。なぜ昼間だけ行動するかについては、いろいろな説があります。太陽の位置をコンパスにしている、まわりの地形を見ながら回遊しているなど言われていますが、まだ断定はできません。いずれにしても、昼間だけ回遊しているということは、視覚が回帰に何らかの形で寄与していることを想像させます。

               

               

              ケの母川回帰にはまだまだ未知の部分が多いのですね。

               

              (原作:医学博士  武藤政春)

              • 0
                • -
                • -
                • -

                清少納言は遠視だった?

                • 2017.12.10 Sunday
                • 10:33


                清少納言は遠視だった?

                 

                 

                近はめっきり朝が寒くなりましたね。寒い早朝には、枕草子の「冬はつとめて」という一節が思い出されます。

                 

                冬は早朝が良いという有名な一節ですね。枕草子を書いた清少納言は、紫式部と並び称される才媛ですが、勝気で強情な性格の女性であったようです。三十九段では、「夜鳴くもの、なにもなにもめでたし。ちごどものみぞさしもなき。(夜鳴くものは何から何まで風情があって全て結構である。ただ赤子だけはそうじゃない)」と書かれ、彼女には母性本能というものがあったのだろうかと、疑いたくなってしまう程です。

                 

                 

                んなことも書いているのですね…。勉強家で、優れた作品を著した彼女は、目も酷使したのではないだろうかと思いますが?

                 

                枕草子をひもとくと、清少納言の目がどのような目であったか、何となく想像できます。

                                                                    

                一段「雁などのつらねたるがいとちいさく見ゆるはいとおかし」

                (雁なんかの列をなしているのが空の遠くに大層小さく見えるのなんかは大変面白い)

                 

                三十九段「鷺はいとみめも見苦し。まなこゐなども、うたてよろづになつかしからねど」

                (鷺は大変見た目も見苦しい。目付なんかもいやらしく、万事ひかれる点はないが)

                 

                など、遠くを飛んでいる雁の様子や、やはり遠くを飛んでいるはずの鷺の目付きがよく観察出来ていることから、遠方視力は充分よかったものと思われますね。

                 

                 

                くまでよく見える、視力の良い目だったということでしょうか。

                 

                一方で、百五十五段では、薄暗い所で針に糸を通すのがじれったいということを述べています。薄暗い所で近くを見るのに若干不自由していたようですね。
                彼女が枕草子を書いたのは33歳頃のことと考えられています。三十三歳で近くが不自由になるというのは、ちと早すぎますね。
                遠方はよく見えていて、若いうちから近くが見づらくなっていたということになると、清少納言はどうやら、軽い遠視であったのではなかろうかと思われます。

                 

                (原作:医学博士  武藤政春)

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -

                  大きな目を持つウシ

                  • 2017.12.01 Friday
                  • 14:37

                  大きな目を持つウシ

                   

                   

                  日牧場に遊びに行ってきましたが、牛というのは本当に大きな眼をしていますね。

                   

                  ウシは大きく突き出した特徴的な目をしていますね。先天性緑内障のことを「牛眼」と呼びますが、これはギリシア語の「Buphthalmos」(牛の目という意の合成語)に由来しています。乳児は眼球組織が未成熟なので、眼圧が高いと内側からの圧力によって、眼球が拡張して突き出してくることが多くなります。その様子がウシの眼に似ていることから、このように呼ばれるようになったのでしょう。

                   

                   

                  畜の中では、馬は牛以上に大きく突き出た目をしていますが・・・「馬眼」とならずに「牛眼」となったのは不思議ですね。

                   

                  それについては、歴史的エピソードをたどってみるとよいでしょう。紀元前490年のマラトンの戦いでは、アテネの兵士フェディオビデスが、軍装のまま城門まで走り続け、味方の勝利を絶叫して息絶えたといわれています。マラソンの起源になった出来事です。なぜこのときフェディオビデスは早馬に乗らず、自ら走ったのか…古代ギリシアではまだ軍馬がほとんど存在していなかったことをうかがわせます。

                   

                   

                  うなのですね。馬の家畜化は歴史的にやや遅かったのでしょうか。

                   

                  当時ウシが全世界的に家畜化されていたのに対し、ウマは北アジアや北ヨーロッパで家畜化されていたに過ぎません。もう少し後の時代、紀元前336年、マケドニアにアレクサンダー大王が登場し、ウマの機動力を大いに活用して大帝国を築き上げていきます。 それ以前のギリシア人は、海軍と重装歩兵陸軍とで地中海沿岸領域だけを制圧しようという小市民的な考え方をしていたのです。

                   

                   

                  まり「馬眼」ではなく「牛眼」と呼ばれたのは、牛の方が家畜として知られていたからということでしょうか。

                   

                  そうですね。当時は、ヒポクラテスなどによって花開いたギリシア医学全盛の時代ですが、ウマにはまだ馴染みが薄く、大きな目の持ち主といえばウシしかいなかったのです。「牛眼」という病名が使われたのも当然かもしれません。

                   

                  (原作:医学博士  武藤政春)

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -

                    眼の病気「そこひ」の由来とは?

                    • 2017.11.20 Monday
                    • 15:58


                    眼の病気「そこひ」の由来とは?

                     

                     

                    トウ先生、眼の病気で「そこひ」という言葉を耳にしました。これはどういうものですか?

                     

                    目の病気の呼称として日本人に古くから使われてきた言葉ですね。江戸時代は、目の病気を「そこひ(底翳)」「うはひ(上翳)」の二つに分けて考えていました。「うはひ」はものもらいなど外から見て分かる、いわゆる外眼部の疾患、「そこひ」は外からはわかりにくい内眼部の疾患をさしていました。
                    今でいう白内障を「しろそこひ」と呼びます。人間の瞳孔は元来黒く見えますが、白内障は目の中の水晶体が白く濁るので、瞳孔が白く見えるわけです。また、「あおそこひ」と呼ばれる緑内障は、眼圧が高くなり、視神経が圧迫され障害を受ける病気です。眼圧が高くなると角膜が水膨れを起こし、そのため瞳孔を見るとどんよりと緑色がかって見えます。

                     

                     

                    「そこひ」という言葉の語源は何なのでしょうか。

                     

                    その問題の前に、中国では眼の病気をどのように言っていたかについて触れましょう。眼の病気に対する呼称はさまざまな変遷を経て、次の二つに分けて考えられていったようです。

                      内障眼(ネイツァンイェン)

                      外障眼(ワイツァンイェン)
                    内障眼とは眼球内の病気、外障眼とは眼球外の病気のことです。内障眼は瞳孔の色で更に分類されていました。日本でいう「しろそこひ」は「銀風内障」、「あおそこひ」は「青風内障」といいました。そして時代が経つにつれ、「内障」という言葉は、中国では専ら「白内障」だけに用いられ、緑内障のことは「青光眼」と呼ぶ様になってきています。

                     

                     

                    「白内障」という名称のルーツはそこから来ているのですね。

                     

                    話を「そこひ」の語源に戻しましょう。「そこひ」という言葉自体は、日本に古くからある言葉で、底知れぬ程深い底などを意味します。そしてこれは、多少神秘的なニュアンスを含んだ言葉です。
                    昔の人々にとって白内障や緑内障はどのような病気であったでしょうか。けがをした覚えはない、熱病にかかったわけでもない、それなのに知らず知らずのうちに眼が見えなくなっていく。何となく不思議であり不気味であるが、ともかく眼の奥底からの病気なのだろう。 そのような病気に対して、多少神秘的な不気味さをこめて「そこひの病ひ」という言い方がなされたのではないでしょうか。そしていつしか「そこひ」だけで眼病を意味して使われるようになったのではないかと思います。

                     

                    (原作:医学博士  武藤政春)

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -